So-net無料ブログ作成

飛行訓練復帰 -- Resuming the journey [pilot]

好天の連休、復活フライト無事完了。
飛行場のルールは少し変わっていたけれど、なんという事はない。静穏な恵まれすぎた天候の中、何事もなく、静かに離陸。ああなんてことだ、ギャップを感じないのは出来すぎたシミュレーターのせいだ。感動すらない。ファースト ターンから報告地点まで順調に上昇。訓練空域へ向う。進みたかった最短コースは、練習機で混んでいたので、これを迂回。ざっくりと方向転換。地上目標を探しながら進む。見慣れた町を見つけて、地点特定。土地勘は、もっとあってもいいな...

訓練空域では、ストールとスロー フライト。ストールの姿勢がうまく取れないのは、実機での練習が足りないからだろうか。手順もなんとなくぎこちない。これも実機不足のせいだろうか。出来には不満足だけども、リハビリと思えば上出来だろう。気持ちを切り替えて近くの飛行場へ向う。飛行機の速度より、少しでも早く、前を飛ぶ。そんな気持ちが、自分の背中を次から次へと前に前に押し出すようだった。その気持ちは以前よりも強い。地上の頭のままで、少し歳を取ったおかげだろうか。

連続離着陸訓練は、スムースな気流のおかげで難しさはないが、目視での高度判断は心理の影響が強く出るようだ。古い記憶が頼りのせいか、どうしても高めから急なパスで降ろす癖がでる。地上に迷惑をかけたくないという気持ちが、高め高めのパスを取らせるのだろうか。しかし高めのパスで飛ばして、かえって危険になるようでは、そっちの方が迷惑になる可能性があるので要注意だ。着陸直前の最後の直線区間、その中間までには適正パスに修正... そうそう、この滑走路の見え方。一回目は教官の助言が多かったが、回を重ねる毎に言葉も減る。自信をつけるためだろうか。ありがたいことです。

最後はスムースなランディング。スポットへ移動。エンジンを切ってリハビリ フライトは完了。教官のお言葉を簡単にいただき、次の訓練の人に交代。後は後席の人となり、しばし鳥の目線を楽しんだ。

次回の予定はナビゲーション。本当に久々で、楽しみという以外の言葉が見つかりません。

前例のない長い休みでしたが、これで一定の自信を取り戻しました。飛行機を飛ばす事ができる状態に自分を置き続ける事は、はっきり言って容易な事ではありません。時間、費用、技量レベル、心身の状態、ざっと大雑把にいってもこれらを、一定以上のレベルに保たねばなりません。ルールも少しずつ変化するので、勉強も続けるのが基本です。Staying current.. 大変な事であるからこそ、そうあり続けられる事が、自信, self confidence, という喜びにつながるのではないかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。